2018-06-09

6/9 ハロウ!ケイト・スペードさん

初めまして。ケイトさん!

ご連絡するのが、大変遅くなり本当にごめんなさい。

初めてあなたの事を知ったのは

2001年10月マガジンハウスより

発行された『relax』56号だった様な?違う様な?

そのハイエンドでありながら、どこかこちら側(ちょっとこういうと、恥ずかしく申し訳な

いきもしますが)そのストリート感の要素を強く感じたその特集は、僕の心を打ち抜きまし

た。

後にも先にもボーナスを支給してくれる様な企業で

しかもその支給対象となる正社員だった僕は、初めてのボーナスで、あなたのブランド。

そう『Kate spade』のバックを奥さんに買ってあげよう!と決めたのです。

しかし、当時熊本に僕らは住んでおり近くに『Kate spade』のショップは無く

福岡のI田屋まで行かないといけなかったのです。

問題は距離では無く『奥さんに内緒』という事。

転勤で訪れた場所で、休みの日は、二人で過ごすことが多くまた何より

嘘をつくのがド下手な僕が『休日一人で出かけるから』ってのは

正直「バレる・バレない」という意味でちょっと福岡まで行くのが、難しかったんです。

で、勤務先のアルバイト達にお願いして半休をもらい

朝はどうにか普通な感じで「行ってきまーす」と、特急に乗って福岡へ。

そして、無事バックを購入まさにタッチアンドゴーで熊本の職場へ。

頑張ってくれていた共犯者のバイト達が「ちゃんと買えましたか?」って

色々嬉しかったな、あの日は。



本当はクリスマスにあげるはずだったけれど

やはり隠し通すのに、我慢できず12/23にあげたのも、らしいといえばOKかな?

あなたにも、あの時の奥さんの顔は見てもらいたかったです。

数あるあなたのプロデュースしたアイテムの中で

個人的にですが、1,2を争う

デザイナー マイケル・イアン・ケイのデザインをモチーフにしたテキスタイル

『ノエル・ウィーヴ』のバック。

特別な時に奥さんが使ってくれています。

もう少し早くお手紙を書くべきだったと後悔しています。

今までお疲れ様でした。そしてありがとう。

どうぞ安らかに。






2018-05-31

5/31 色々あって今日。

やっぱりThe Clashはかっこいいね。

特に3rd『London Calling』とかは

若い頃にはその良さは半分くらいしか理解できないんじゃないかなぁ?

当時バンドでベースを担当していて

長年使っていた安物のベース以外に

なんだかビンテージっぽい(というかビンテージの)

グレコのベース

確かGRシリーズ?を譲り受けた。

別にそんなことしなくても良いのだが

もともと手にしていた安物のベースを

俺なりに成仏させよう。と思い

ならば(そのジャケットにモロ影響を受けていた)『London Calling』のジャケット

もしくはThe Whoのピート・タウンゼントばりに破壊してやろう!

と、真夜中に思いつく。

トボトボとアパートからベースを担ぎ

建物に面した通りに立ち

周りに誰もいないことを確認。



渾身の力と今までの思いを込めベースを

凍てついたアスファルトに叩きつけた!




『ヴォイーーーーーーーーン』

誰もいない路上に鈍いベース音。

折れもせず、ただただベースが跳ね返り

手が痺れるだけ。

なんだかベースに申し訳なくまた馬鹿らしくなり

帰宅。

今日久々に『London Calling』を頭から聴いて

よりによって思い出したのはそんなエピソード。






2018-05-29

5/28 振り返り

振り返りというと聞こえが良いかなぁ。

昨日は、仕事で御茶ノ水へ。

見てもしょうがないからレコ屋は寄らず。

なんだか、気分が乗らない。

そう、給料日前だからだ。

金がないからだ。

呑んでしまったから仕方がない。

良い時もあれば、悪い時もある。

お金がある時もあれば、無い時もある。

それだけの事なのだ。

2018-05-27

5/27

日曜日の夕飯を、全てとは言わないまでも
何かしら一品作るのが、ここ最近の週末のお約束となりつつあります。

若干のこだわりと、興味そして練習を兼ね
いわゆるマイブームで、スパイス・カレー第3回目。

真面目に
玉ねぎを、早めの時間にみじん切りに。

エラい、俺!と思っていたが
他にもやることは満載。
やってないことの方が多くてちょっぴりしょんぼり。

にんにく、生姜、鷹の爪を炒め
玉ねぎ投入。

個人的に、この玉ねぎを炒めている工程が一番好き。

前回、前々回とカットトマトの缶詰を使い
なんだか水っぽかった反省をいかし
今回はホールトマトを選択。

みじん切りも、なんとなく出来るようになったこともあり
なんだか上手くいっている感じ。

特に誰かに料理を教わった訳では無いらしいが
ずーっと、美味しいご飯を、作ってくれていた奥さんには尊敬しかないです。

今日はそんなこんなで、キーマカレーです。






2018-04-02

春のおすすめインディ・ロック新譜3作

最近入荷してきた新譜3作がどれもとってもいい!のでまとめてみました。
(商品のジャケット写真下のタイトルとお店の商品ページがリンクしています)




英サウスエンドのバンド、Ghost Musicの1stアルバム。
90年代に、Beatgliderというバンドで活動していたメンバーにより結成。
それもあってか、1stアルバムではあるものの、予想以上のクオリティの高さに驚き!
シンプルながらもメランコリックなメロディとサイケデリックな揺らぎが気持ちいい。
初期のヨ・ラ・テンゴやギャラクシー500、アメリカーナっぽさもありますねえ。


昨年リリースされた1st「Boony Doon」が米音楽メディアで静かな話題を呼んで、
日本盤CDも発売されたデトロイトのバンド、Boony Doonの新作。
しかも大好きなWOODSのメンバーが運営するレーベル、WOODSISTから!
「A.M.」の頃のウィルコを彷彿とさせる、アーシーかつ、人懐っこいアコースティック・ロック。
派手さは全くないですが、そのルーズさが、こころを解きほぐしてくれ、ついついリラックスしてしまうはず。






2014年リリース「Love」、そしてThis Mortal Coilのカヴァーが素晴らしかったEP
「Cowboy Worship EP」で、すっかりトリコになってしまったAmen Dunes。
前作までのディープなサイケデリック・フォークなサウンドを、ぐっと超えて、
ヴァラエティに富んだ曲を組み入れた、チャレンジングな内容!
今5作目では、彼でしか作ることのできない「解放」がテーマのポップ・アルバム!
The La'sのリー・メイヴァースを思わせる、独特の歌声、そして揺らぎのメロディ。
1度聴いたら何度でも、とクセになってしまうアルバム。
このアルバムで大ブレイクしてしまうんでないかしら...。


と、いうことで、「揺らぎ」「シンプルながら」「派手さはないながらも」の3作ですが、お店のカラーが出て、3枚とも今からずっと聴き込めるアルバムだぞ!と本人たちも確信しているアルバムのご紹介となりました。

お店はこちらから → CLASSICS RECORDS

2018-03-29

俺の棚からひとつかみ ④ 『Betty Blue』OST

やばい。

頓挫するとこだった。

と言いつつも、下書きノートが見当たらない!

俺の渋谷系の一枚。

横浜のHMVにバイトで入ったとき

真っ先に着任したのがワールド/サントラ部門。

なんのこっちゃ。

正直な第一印象。

こちとら当時盛り上がりを見せていたUKインディーを扱いたくて仕方なかったのに・・

が。しかしこの時レゲエの面白さを知ったり、ジャッキー・チェンと読めそうな綴りで

ジャッキー・チュンと読むアーティストがいることを知れて

とてもためになった思い出。

渋谷系なるものの胎動期。

サントラのCDを買う方がいるなんて、思いもしなかった。

歌い手がて、語り手がいて初めて成立するのがRockと思っていた。

したら

なんの

売れる。売れる。

フリッパーズギターのサンプリングした『セソ・マット』効果も少なくはないかも知れな

いが。

というわけではないが個人的にこの1枚。

あまりにも切なく。

あまりにも悲しい。

そしてあまりにもエロティックな名作のサウンドトラック盤。



2018-03-26

Popo Night Market Vol.2参加します!


いつもFEVERでのライヴで!そして「クラフト解放市」に参加させていただいて
お世話になっている新代田POPO (FEVER併設) で開催される、
Night Marketに今回参加させていただくことになりました!

出店されるみなさんはクリエイターの方がほとんどなので、我々は異色ですが、
新代田FEVERといえば、いつもサイコーなライヴが観ることができるライヴ・ハウス。
お声をかけてくれるPopoのゆめちゃん、ありがとう!
ライヴに行こうかな!っという感じでぜひご来場ください!
今回も出店されるお店は、みんなとってもハイレベル、素敵なお店ばかりなので、
ハンドメイド好き、ロック女子のご来場をお待ちしております。

世田谷の夜桜を眺めつつ、ぜひ足をお運びください。
あと、ご近所にお住いの方、これ持ってきて!リクエストもお願いします。
送料&お値引きありますぞ!

Popo Night Market Vol.2
2018年3月31日(土) 
京王線 新代田駅1分  POPO
16時から23時 (当店は少し早めにお店を閉める予定です。ご了承くださいませ)